鮪坂46の鰤鮑烏賊丸です。

映画と食事とゲームとアニメ

2019年映画振り返り

初めまして。shabelでベースを弾いていますぺいじゅんです。映画のこと中心に書いていきます。


ひとまず、2019年に映画館で見た映画の総括と、その中から10個センバツしました。あと、見逃してるのたくさんあるのでオススメあったら教えてくださいね。


以下略称あり

1.キャプテンマーベル

2.スパイダーバース

3.カメ止め

4.ゴジラ kom

5.名探偵ピカチュウ

6.アベンジャーズ EG

7.女王陛下のお気に入り

8.貞子

9.メリーポピンズリターンズ

10.バーニング劇場版

11.GUILTY

12.ペパーミントキャンディ

13.サッドヒルを掘り返せ

14.シャザム

15.バイス

16.ハウスジャックビルト

17.ガルパン 最終章2話

18.バニシング

19.チャイルドプレイ

20.ハロウィン

21.サマーオブ84

22.ゴーストランドの惨劇

23.ワンハリ

24.アナベル死霊博物館

25.アス

26.天気の子

27.プロメア4D

28.イット ジエンド

29.ドクタースリープ

30.ジョーカー

31.スパイダーマン FFH

32.ロケットマン

33.ディア・ハンター

 

分かる人にはわかるけど、古い映画でも映画館で見てればカウントしてます。

33本中13本がスリラー映画。脳死しとるんか。


以下、10選並べてみました。

①ワンスアポンアタイムインハリウッド

タランティーノ がやりやがった。2019個人的ベスト。俺たちが待ち望んだタランティーノ 要素はもちろんのこと、主要人物がみんな愛らしくて良かったです。すぐ泣くレオ様、アメカジセックスシンボルなブラピ、そして輝ける未来が容易に想像しうる、キラキラしたマーゴットロビー≒シャロンテート。フィクションであればこそ、の素晴らしさがギュッと凝縮されたような映画。


アベンジャーズ  エンドゲーム

MCUフェーズ3最終作。いくらなんでも外せないでしょ。スターウォーズEp7公開時以来の映画史的ビッグイベント。大団円大盤振る舞い大感謝的クライマックス。映画館で見れたことがとてもメモリアルな映画。結構途中我慢して(普通に泣いてたけど)たんですけど、エンドロール始まった瞬間にアホほど泣いた


スパイダーマン ファーフロムホーム

2019年はスパイディイヤー!スパイダーバースとの二大巨頭、最後までどっち選ぶか悩みました。物語力はスパイダーバースの圧勝なんですけど、やっぱりポップで熱血な青春ヒーロー物が大好き!ずるいぞ!!ジェイクギレンホールが輝きまくっとる


④ペパーミントキャンディ

旧作の4Kレストア版。寓話的な人間ドラマが大好きなので、ドンズバにハマりました。演出ではなく、構成力と俳優の演技で悲喜交交のドラマが収束していく凄さ。空気感は、まるでカメラの向こうに本物の幻想があるよう。イ・チャンドン映画、全部見なきゃ。


⑤バーニング劇場版

こちらも同じくイ・チャンドン映画。村上春樹原作。要するにミステリ・クライムサスペンスの進行なんですけど、凄いのは「一体なんの事件が起きているのか」「自分は今何に巻き込まれているのか」が、ずっとわからないまま物語が進んでいくこと。今までそんな映画見たことなかった。ズブズブとのめり込み、気づけば沼にはまっている映画。


⑥ザ・バニシング -消失-

上述バーニングの「何かに巻き込まれ感」の更に一歩先。気づけばハマっていた沼の、脱出不可能なラインを超えてしまった状態。サイコサスペンス物、そこそこ見てきたけど、見なければ良かったと思うほどの絶望。怖い。マヂスゴイ


⑦JOKER

バットマン 最大のライバルの自伝的?????映画。作品時代の出来も良いんだけど、圧倒的な凄みと評価を得ているのは、ホアキンフェニックスありき。まだまだヒースレジャー、ひいてはジャックニコルソンのイメージが蔓延する中で塗り替えるとは思わないじゃないですかー。自分の内面までエグられて、恐怖渦巻くテロテロテロリズムですわー。


⑧Us

「ゲットアウト」という場外ホームランで1打席目を終えたジョーダンピールの2打席目。正直、当たりどころが良すぎた感も否めなかったんですが、構成上の取捨選択が凄くソリッドになって、緊張と緩和を見事に操られました。指でリズムとるところで感じた違和感。ネタバラシ聴いてゾワゾワっときたね。万引き家族に始まって、パラサイトに繋がる文脈も読みながら見ると尚楽しい。


⑨GUILTY

警察への通報を受ける緊急コールセンター「しか」出てこない映画。絵面はインカムしたおじさんと、周囲のデスクと、自席の端末。通報者との交信。これだけの情報で88分間椅子にビチーッと貼り付けられたように動けない。デンマークからの刺客。


⑩ハロウィン

伝説的ホラー映画のリブート。とは言えオリジナルを見てないので、「なんかキービジュアルがカボチャで可愛いよね」くらいの認識で見に行き、ズタズタに惨殺されました。マイクマイヤーズは化け物なのか?ブギーマンはマイクマイヤーズなのか?考えてる間に滅多刺し。ラストバトルはアベンジャーズエンドゲームばりの興奮


天気の子、入れるかめっちゃ悩みました。個人的に結構好きだったし、これも万引き家族と結構共鳴してましたよね。ロケットマンのタロンの歌唱も素晴らしかったし、ストレンジャーシングス が流行した中でのサマーオブ84も見れて良かった。ハウスジャックビルトのリンチ感もなんだこれ…で良かったし、ガルパン 二話は続きが気になりすぎてしょうがない。良い映画見てきてんなぁ。


2020年もいっぱい映画見れますように!